フリーダイヤル0120-110-642
トップへ戻るアルパネットとは防犯カメラレンタル商品紹介・防犯システム動画でみる防犯よくある質問お問い合わせ


守りたいのは何ですか?
 

セキュリティシステム
自主防犯システム
事務所・店舗・住宅に最適
ホームセキュリティ(NODE-SX)
出入管理システム
緊急通報システム
110番通報装置


防犯カメラ

監視・防犯カメラとは
 ・アナログカメラ
 ・IPカメラ
 ・HD-SDIカメラ
 ・AHDカメラ
 ・録画装置

遠隔監視システム

PCで監視!!AVT1100SD



防犯カメラの設置事例
 


料金について
迅速かつ確実なコミュニケーションを実現


料金について
お悩みの方、お任せください


料金について
料金例
参考までにご確認ください



トップページへ戻る

  工場・資材を守りたい

 近年、仏像や神像が盗まれる被害が急増しています。
 普段無人だったり、施錠されていない寺が多く狙われています。なかには、ダミーの木製の仏像とすり替え、窃盗の発覚を遅らせようと工作するなど巧妙化してきています。
 是非この機会に防犯対策を検討してみてはいかがでしょうか。

◆寺・仏閣への侵入犯罪の現状

【仏像や神像の窃盗】
 近年、仏像や神像が盗まれる被害が急増しています。
 普段無人だったり、施錠されていない寺が多く狙われています。なかには、金色に塗られた木製の仏像とすり替え、窃盗の発覚を遅らせようと工作するなど巧妙化してきています。
 観光客や参拝者を装って下見することが可能で、誰にでも開放されている寺社が多いため、いつでも下見や犯行を行うことができます。寺社は木々に囲まれており、道路など外部からの見通しが悪いため、犯行を行うのに適しているといえます。またたまたま誰かに出くわしても参拝者を装って逃げることができます。
 さらに無住の寺社も多いので、異常があってもすぐには発見されにくいという特徴もあげられます。

【賽銭ねらい】
 平成21年の非侵入窃盗の認知件数は5,670件でしたが、平成22年には4,869件と減少しています。
賽銭箱は、現金が入っているにも関わらず、盗難防止をされておらず無防備な状態が少なくありません。賽銭箱本体ごと壊されてしまい、修理・作り替えなどでさらに大きな被害を被ることもあります。

【放火】
 寺社の環境から、周囲は木々に囲まれ、人目につきにくいことから“逃げやすい”という意識が働き、犯行に及ぶといいます。犯人にとっては、「犯行しやすい環境」にあるのです。
 平成12年、京都のある本堂が放火にて全焼する事件が発生しました。堂内には鎌倉時代のものとされる重要文化財がありましたが、本堂とともに焼失してしまいました。
 神社仏閣の場合は、木造建築であるため、あっという間に火は広がり、大切な建物や仏像、宝物などにも被害が発生しています。



◆どうやって防犯対策をすればいいの?
 無住の寺社や無施錠のところが圧倒的に狙われています。破壊工作に強い錠前を付けるなどして施錠を強化することをオススメします。夜間などは、敷地内への侵入を検知する赤外線センサーや人が侵入した時に自動的にライトを付ける人感ライト、放火時には炎を検知するセンサー、監視性を高めるために防犯カメラを設置するなどの対策も必要かもしれません。
 寺社の環境や建造物の特徴を調査し、最適なセキュリティ・プランをご提案致します。


詳しくみる PCで監視!!設置済みのカメラをネットワーク化し、遠隔地から確認できます


詳しくみる 遠隔介護のライフラインとして、また家庭内事故の早期発見と早期対処を実現!!「緊急通報システム

詳しくみる 一般家庭の導入事例をご紹介いたします。





商品紹介・防犯システムトップへページトップへ移動


調査・提案・見積無料
セキュリティ・防犯・防犯カメラのアルパネット西九州

【長崎県知事許可(般-11)第10335号】
有限会社 セキュリティヨシダ
アルパネットグループ アルパネット西九州
〒859-3204 長崎県佐世保市若竹台町345
フリーダイヤル:0120-110-642 FAX:0956-38-9185


Copyright(C) Security-YOSHIDA All Rights Reserved.